賃貸経営 Land Use

賃貸経営のポイント

非正規雇用者の増大を受け、シェアハウス物件数は、年率30%、
3年で2倍の数に増加しています。
しかし、メディアで報じられるように、家賃滞納や入居者間のトラブルなど、多くの問題を抱えています。
また、建築基準法により、「寄宿舎」として許可を受けた物件のみが、
シェアハウスとして運営可能になるなど、法規制も厳しくなってきています。

賃貸経営は以上の外部環境や法律の状況を踏まえて、適切に運営することが重要です。

  • シェアハウス物件数の増加推移

    シェアハウス物件数の増加推移
  • シェアハウスベッド数の増加推移

    シェアハウスベッド数の増加推移

スマートライフの賃貸経営

スマートライフは、100%合法の寄宿舎型のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開しています。

特徴1 経営を考慮した間取り設計

トラブルの元なるリビングはあえてつくらず、共用スペースに生活に必要な機能を集約しました。

間取り 写真

特徴2 寄宿舎シェアハウスのリーディングカンパニー

2014年4月の販売開始からすでに400件の契約実績があります。
多くの契約で培ったノウハウを元に、オーナー様にあわせたご提案が可能です。

  • photo1
  • photo2
  • photo3
特徴3 業界初!家賃外収入のある会社

上京し入居する方に、提携先企業の仕事を提供します。
これにより、人材斡旋による新たな報酬と、入居者の安定収入を確保し家賃滞納などのリスクを回避できます。

提携先企業例

  • Convano
  • Zwei
  • Venture Bank
ページトップへ