土地活用事業 Land Use

土地活用の特長

                  tvcp

                

 かぼちゃの馬車はクラウドアパートという全く新しいかたちであなたの土地活用を応援いたします。

土地活用事業には、スマートライフのオーナー様への想いが詰まっています。

1)現在所有している土地の活用

2)新たな投資先としての土地活用

オーナー様が寄宿舎シェアハウスに投資される際の状況としてはこの2つがあります。
現在、土地を所有されている方にとっては、大切な土地を守りながら将来にわたっての資産を担保していくことを望まれています。
特に相続税対策は、重要な課題です。また、新たな投資先として土地活用を検討されている方にとっては、
より早く、より確実な利回りが重要な検討ポイントでしょう。

  • 例えば35坪の土地活用の場合

    例えば35坪の土地活用の場合
  • 例えば17坪の土地活用の場合

    例えば17坪の土地活用の場合

例えば「税金を払わないですむようにする、ある意味グレーな相続税対策」ではなく、胸を張って「税金をしっかり払った上でも収益を手にできる相続税対策」へ。
例えば「30年間負担感が続く資産活用」の考え方から「より早く収益に転換できる資産活用」へ。
オーナー様が土地活用を通じて本当に手に入れたい幸せとはなにか。
スマートライフは、どちらのオーナー様にとっても満足のいく土地活用を、寄宿舎シェアハウスの運営を通じてご提供できます。
通常の賃貸物件よりも安心、確実、そして高い利回りをご提示できるのも、当社のビジネスモデルがあってこそ。
今までは活用できなかった、狭小地などの土地であっても当社の寄宿舎シェアハウスであれば可能性を持っています。

あきらめない、従来の慣習や概念にとらわれない。新しい土地活用、当社と一緒に取り組んでまいりましょう。


土地活用のQ&A

シェアハウスを経営するにあたり、どのようなリスクが考えられますか?

一般的に賃貸住宅経営を行うオーナー様によれば、建物の「老朽化」「空室の発生」「賃料の下落」が不安要素としてあげられます。これらの不安要素を回避するために弊社の寄宿舎シェアハウスでは、「集客」「入居案内」「管理運営」を全て自社完結で行い、安心かつ最良のサポートを提供させていただきます。又、弊社独自のプラットフォーム活用ビジネスにより長期に渡る家賃保証を可能とし、企業としても安定した経営を行います。

所有している土地が狭小地なのですが、どのくらいの敷地面積から土地活用できますか?

弊社の寄宿舎シェアハウスは、東京23区内の敷地面積18坪程度から御提案できます。(敷地形状、区によって制限あり)フリープランによる設計技術によりオーナー様の敷地を最大限に有効活用することが可能です。少ない投資で高収益かつ安定した経営ができるのが弊社寄宿舎シェアハウスの最大の魅力です。

自己資金が少ないのですが、それでも事業はできますか?

弊社の寄宿舎シェアハウスは建設当初にかかるイニシャルコストが低いというのも魅力の一つです。
低予算のわりに収益性が高いため事業資金の借り入れも比較的スムーズに審査がとおると思われます。収支計画や資金計画等、最良の賃貸経営の事業プランを御提案させていただきます。

東京都内でも空室が増えていると聞きとても不安です。長期家賃保証は安全と言えますか?

弊社の賃貸事情は他社と比べ入居者サポートの面で大きく上回っていると考えられます。その理由の一つとして、弊社寄宿舎シェアハウスの入居者20代女性に対してお仕事などのサービスを提供できるという事です。また、今後も他業界との連携をより深め、不動産賃貸業にとらわれないライフサポートを行う事により他社との差別化を図ります。


ページトップへ